ペットの薬について

近年、医療の発展や、ペットフード等の質の向上などにより、ペットの寿命は大きく伸びています。
それによりますますペットが家族の一つとなって来ています。そんな中ペットビジネスもまた進んでいき、ペットにかける消費額が増加しています。例えば、ペット用の薬ですと人間と違い国が規定する薬価がありません。よって、病院は自由に価格を設定できるのです。
そこで、インターネットが普及している今では、大事なペットの薬を病院と同じように安全に安く手に入れることができます。そちらを紹介していきたいと思います。

個人輸入とは

日本で動物用医薬品を購入するには動物病院で処方してもらう必要があります。場合によっては、保険の対象外にもなる為ペットのお薬は高価になる傾向があります。一方で、海外では病院でしか手に入らないお薬がペットショップや薬局で売られています。これらのお薬を安く・安全に手に入れる為「個人輸入」を行います。「個人輸入」は個人での使用目的のみ、海外から日本に取り寄せることができるのです。

  • 個人輸入代行者とは

    薬の個人輸入とは何か理解して頂いた後にご紹介するのが、
    「個人輸入代行者」です。個人輸入では海外の会社と連絡を取り、取り寄せします。その際の連絡は基本的に外国語になります。そこで普及つつあるのが個人輸入代行者です。これはインターネット上のサイトにて、すべてが日本語表記のネット通販を利用し商品を購入できます。日本では、厚生労働省と農林水産省が「医薬品医療機器等法」で動物用医薬品の認可やルールなどを定めています。海外医薬品の個人輸入についても定められていて、日本で未認可の薬であっても、個人的な利用に限り用量から見て2ヶ月分未満であれば購入が認められています。代行者を利用した個人輸入は、医薬品医療機器等法で定められているいくつかのルールを守れば簡単に行うことができます。ルールとは、個人輸入の説明のように「個人的な利用に限る」、そして「注文数は2ヶ月分未満である」ということです。これらを守ることで、難しいことなく医薬品の個人輸入はできます。また、注文するときに会社名義やお店の名義であると、税関を通過できない場合があります。偽名やニックネームでの注文も税関を通過することができないので、宛先は個人名にしましょう。このように、医薬品医療機器等法で定められている基本的なルールを守れば、どなたでも簡単に動物用医薬品を個人輸入することできます。

個人輸入の注意点

個人輸入は安く動物用医薬品を手に入れることができるという利点がありますが、個人輸入の場合は病院に尋ね診断をし、処方箋をもらうという流れがありません。忙しくペットを病院に連れて行く時間がない、という方には良いように思えるかもしれません。
しかし、処方箋が出ないということは飼い主本人が薬の管理をしなければならなくなります。例えば、薬はペットの種類や体重などによる適正な用量が守られなければ、逆に健康を害してしまう恐れもあります。このようなリスクを少しでも抑える方法として最初にまず動物病院で診察、診断をしてもらいお薬を処方してもらい、効果や副作用を確認します。そして問題がないことを確認してから、医師から処方されているお薬と同じものを海外から個人輸入するのがより安全かつ安価にお薬を購入する方法です。ペットには公的な保険制度がない為、ペットのお薬代金は全て飼い主の負担になります。ノミ・マダニ用の予防薬は与え続けないといけない為、その都度病院へ行くと経済的負担と時間は大きなものになります。そこで前述の様に上手く個人輸入を通して動物用医薬品を購入し、ペットと快適に過ごしましょう。
そして、個人的にオススメする輸入代行業者をいくつかご紹介します。